> サイトマップ

大宮の素敵な結婚式場を大特集

ふたりらしいウェディングが叶う大宮の結婚式場を完全ガイド

アルタビスタガーデン

アルタビスタガーデン 公式サイト

アートグレイス大宮離宮

アートグレイス大宮離宮 公式サイト

アニヴェルセル大宮

アニヴェルセル大宮 公式サイト

大宮の結婚式場ランキングHOME » 式場タイプ別こだわりウエディングin大宮 » 神社

神社

大宮の神社でかなえる結婚式の魅力って?

大宮の神社挙式の特徴を表にしてまとめました。

アクセス 比較的駅からも近く、徒歩での移動が可能。
収容人数 2~30名 神社ということもあり、チャペルのように大人数を収容することはできない。家族や少人数の友人との挙式におすすめ。
挙式会場 神社 厳粛で雅な雰囲気の中、日本の伝統的な挙式が可能。
披露宴会場 周辺の会場 挙式会場とは別に披露宴会場を抑える必要がある。
料理 - 神社での提供はなし。
80名あたりの費用目安 - 80名には対応していない。
50~60名あたりの費用目安 - 50~60名には対応していない。
ゲストとの距離 参進の儀や神殿内での修祓の儀など、ゲストは近くで参加することができる。
ドレス 最近では白無垢だけでなく色打掛に洋髪など、自由度が高い神社も多い。
自由度 本来神前式では指輪交換は含まれていないが、希望によって柔軟に対応してくれる。
宿泊 宿泊施設は併設していない。
他の結婚式場との違い 日本伝統の格式高い結婚式を上げられる。 日本人に生まれたからには伝統的な式を上げたいという人は多い。神前式は様式では味わえない雰囲気での挙式ができ、満足度も高い。

格式高い和の雰囲気で人生の門出を祝う

神社挙式は厳かな雅楽の中、新郎新婦が入場する参進の儀や、和装による日本的な雰囲気の中で執り行われる神前式など、日本人であることを強く実感することができます。昨今ではホテルやチャペルなどで行われることが多くなった結婚式ですが、伝統的なスタイルでの挙式も人気が集まってきています。 とくに、ご年配の方の参列者は喜ばれることも多く、洋式で慣れている新郎新婦の友人たちにも印象的な思い出を残すことができるのが魅力です。また、神社挙式は式の後にも子どもが産まれた際のお宮参り、七五三、初詣などで訪れることができるので、日本の伝統、家族の思い出を大切にしたいという人にはおすすめとなっています。

神社挙式のメリット・デメリット

神社挙式がどのようなものなのか知るためにもメリット・デメリットを抑えておきましょう。

メリット

伝統的な日本の挙式を体験できる

 神社挙式は「人前式」と呼ばれるスタイルの挙式で、神社に祀られる神様の前で結婚を誓います。古くから室町時代から続くスタイルで、親しい友人や家族、親族と一緒に粛々と執り行われる雰囲気は他では体験することができません。

和装で日本ならではの雰囲気を楽しめる

 華やかな洋装のドレスも良いですが、和装に包まれて行われる「和婚」は日本人であることを強く感じることができます。花嫁の白無垢や色打掛、花婿の袴姿などは神社の空間ではより一層華やかな印象を与えます。

神社の空間を活かした和の演出が可能

 参進で鳴り響く雅楽の音、人前式で行われる三三九度の儀式、巫女の舞などは他の式場では体験できない演出です。洋式での結婚式に慣れている友人たちも新鮮な気持ちで式に参加することができるでしょう。

新郎に活躍の場がある

 神前式では「誓詞奏上(せいしそうじょう)」と呼ばれる儀式があり、新郎が神様や参列者の前で結婚の誓いを読み上げるものです。新郎が活躍する場を設けたいのであれば神社挙式はおすすめです。

デメリット

天候に左右されてしまう

新郎新婦と親族が本殿まで歩く「参進の儀」は神社挙式のハイライトの1つです。しかし、天候が悪い場合、傘を差しながら和装で移動しなくてはいけなかったり、参道を利用せずに回廊で参進の儀を行ったりすることになります。雨の中での式も情緒があって良いですが、ある程度天候に左右されてしまう部分があります。

友人も一緒に列席できるかは神社による

神前式というのは、もともと「親族杯の儀」からも分かるように両家の縁を結ぶ儀式でもあります。そのため、列席できるのは親族のみとしている神社も少なくありません。また、本殿のスペースがそこまで広くないこともあり、人数的な制約があるのも理由の1つです。 せっかくだから友人たちにも祝ってもらいたいと考えている場合は、友人たちも列席できるのかを事前に確認しておく必要があるでしょう。

バリアフリー化が進んでいない神社も

神社は歴史的な古い造りのものが多く、親族に車椅子の方がいらっしゃる場合、本殿の移動が大変だったり、階段が高かったりと不便なことがあります。

教会のように披露宴会場まで移動する必要があることも

神社はもともと儀式を執り行うために作られているため、披露宴を行う設備は用意されていません。近くに披露宴会場が提携で用意されていることもありますが、基本的には挙式会場と披露宴会場は別に用意することになります。 そのため、挙式会場から披露宴会場に移動する必要が出てくることもあります。徒歩圏であれば良いですが、シャトルバスを手配する、タクシーを用意するなど、別途準備が必要になるかもしれません。

決定! 口コミ満足度で選ぶ 大宮結婚式場徹底比較