> サイトマップ

大宮の素敵な結婚式場を大特集

ふたりらしいウェディングが叶う大宮の結婚式場を完全ガイド

1

アルタビスタガーデン

アルタビスタガーデン 公式サイト

2

アートグレイス大宮離宮

アートグレイス大宮離宮 公式サイト

3

アニヴェルセル大宮

アニヴェルセル大宮 公式サイト

大宮の結婚式場ランキングHOME » いくらかかる?結婚式費用にかんするマメ知識 » 費用の内訳

費用の内訳

結婚式の資金は?予算の決め方を伝授

結婚式の費用は総額で350万程度かかるということはわかりましたが、全部を新郎新婦が捻出するわけではないので、ご安心を。

ご祝儀の総額目安はどれぐらい?

ご祝儀は、友人なら3万円、上司なら3万~5万円、親族なら夫婦あわせて5万~10万円程度が相場です。

詳細がわからないうちは、招待客数×3万円で計算すると大きく予算が狂わないでしょう。

招待客が70名なら、3万円×70名=210万円の収入となります。

自分たちの負担額は?

あとは、自分達の貯金と、これから貯められる貯金を計算します。ただ、新婚旅行と、新生活のための家や家具などに結構お金がかかるので、その分を計算に入れておく必要があります。

また、最近の結婚式の資金は、両家の親から援助してもらうカップルがほとんどなのだとか。その分、結婚式に注文が出るかもしれませんが、上手くやり取りしましょう。

上記のことを踏まえると、自分たちが出せる結婚式の費用が大体わかるはず。これをもとに、自分達らしい結婚式を決めていきましょう。

ただ、結婚式の費用は、式の前に支払うという会場も多いので、ご祝儀をあてにしている場合は、事前に結婚式場と話し合っておくなど、注意が必要です。

クレジットカードで払える場合もありますが、支払額が大きいので、限度額には注意しましょう。 

自分たちの負担額は?

結婚式には一般的な相場で350万円ほどかかると言われています。その費用を両家のうち誰がどのくらい負担するのかは、挙式をするカップルによってさまざまです。結婚に関する費用は二人の貯金や、親や親戚からの援助、ご祝儀、ブライダルローンで用意します。最近では両家の親から援助してもらうカップルが多いそう。ただし援助してもらった分結婚式に注文が入る場合があるので、その点もよく考えておきましょう。 

費用負担の割合は、次の順番で多いようです。

一番簡単な方法が両家で折半です。この方法を選ぶと新郎側・新婦側それぞれが175万円を負担することになります。ただし親や親戚からの援助がある場合はこの負担がぐっと減りますし、招待客からのご祝儀が多い場合も新郎新婦の負担は減ります。費用負担については揉めやすい話題なので、援助がある場合は両親が負担するもの、夫婦で負担するものを決めておくと良いでしょう。例えば会場費は折半、衣装代は各自負担など。ただし挙式だけでなく新婚旅行や新生活の負担についても話し合って、結婚式と同様にどのように負担するのかを決めておきましょう。

決定! 口コミ満足度で選ぶ 大宮結婚式場ランキング